福祉のキモチ

INTERVIEW

現場をたくさん経験し、
将来は在宅の仕事に携わりたい。

【介護職員・支援員】新卒入職
さわたりの郷 介護職員

土田 りえ

ひとりひとりに寄り添う介護を

福祉の仕事で人や社会に貢献したい。そのためにさまざまな現場を経験したいと考え、事業所の数やサービスの種類が多いつばめ福祉会に入職しました。現在は特別養護老人ホーム「さわたりの郷」に入所するお客様の介護を担当しています。比較的少人数の方を見るユニット型施設なので、ひとりひとりと深く関わることができます。食事や軽い運動など、ささいなことでも自分の関わり方によってお客様に良い変化が見られると、嬉しくなります。

将来は在宅・地域福祉へ

当施設では定期的に、お客様の状態などを手紙に書いてご家族にお送りしています。ある時、私の書いた手紙を大切に保管してくださっているご家族がいると知り、嬉しさと同時に、身の引き締まる思いもありました。お客様に必要な介護とは? ご家族のためにできることは? 本当に難しいテーマですが、地域や在宅の仕事に携わるという将来の目標に向けて、お客様やご家族の気持ちをくみ取って支えられる職員を目指して頑張りたいです。

だから、入って良かった!

研修の豊富さが魅力

毎月のように研修が行われ、現場以外でも学びの機会が多いと感じます。しかもすぐに実務にいかせる内容が多く、確実にスキルアップしている実感があります。人間関係も良く、私もすぐに職場になじむことができました。

↑