福祉のキモチ

INTERVIEW

福祉施設の看護師としての
誇りとやりがいがある。

【看護師・機能訓練員】中途入職
つばめ福寿園 医務課課長

村川 英伸

介護職員や病院と連携

お客様の薬や点滴の管理、嘱託医と連携しての健康診断などの医療的ケアを行っています。以前、施設入所後に悪性疾患が見つかったものの、「入院はせずに施設で普通に生活したい」と希望された方がいました。病院の先生の協力を得て薬を処方してもらい、介護職員もできる限りの対応をして、最期は病院で看取っていただいたケースでは、病院の先生が「また一緒に仕事がしたい」と言ってくださったことが印象的でした。

その人らしく生きる手助けを

今の時代、看護師の就職先は病院だけとは限りません。私は病院でも福祉施設でも働きましたが、福祉施設で働く魅力の一つは、長い期間お客様に寄り添えることです。徐々に歩けなくなったり認知症が進行したりしても、医療的ケアにより「その人らしく最後まで生きる」ためのサポートができる今の仕事は大変やりがいがあります。目指す看護のあり方やワークライフバランスを考えて、福祉施設で働くことも選択肢の一つではないでしょうか。

だから、入って良かった!

全員プロフェッショナル

介護職員、看護師、相談員ともに使命感の強い人が多く、各専門職のスタッフがお客様やご家族に寄り添いながら日々の業務に徹しています。経営陣も現場経験の長い人が多く、相談がしやすいのも当法人の魅力だと思います。

↑